水素水で一番売れているトラストウォーター(3.0ppm)を試してみました。

今回試してみた水素水は、他のアルミパウチタイプでは、圧倒的な水素水溶存量である、「トラストウォーター」を買ってみました。

いろいろなメーカーから販売しているアルミパウチタイプの水素水ですが、どのメーカーも0.8ppm〜1.2ppmぐらいの溶存量が普通ですが、このトラストウォーターは、製造後3か月たっても3.0ppmをキープしているとのこと。

製造過程で、水の中に水素を入れるて水素水にするのですが、溶存量には、限界があり、通常1気圧では、1.6ppmが限界とされています。

なので、今までの水素水は、いかに1.6ppmに近づけるかという事がポイントだったのですが、このトラストウォーターは、特許製法により3.0ppmを実現させています。また、パッケージにも特殊な4層構造のアルミパウチに真空充填し、また、飲みくちもなくす事によって「完全密封」を実現しているので、長期間3.0ppmをキープできているそうです。

【感想】よいと思ったところ。

今まで飲んだ水素水の中でも特にまろやかな口当たりのおいしい水でした。
原水は、大分くじゅう連山の天然地下水(軟水)を使っているそうで、素人の私にもわかる柔らかい水でした。

私の場合は、朝起きたらまず、マウスウォッシュで口をゆすぎます。これは、眠っている間に雑菌が繁殖しているので、まずは口の中を清潔にします。
そして、その後に、冷やした水素水を飲むようにしています。

冷たい水は身体によくないという説もありますが、冬でも冷たい水を飲む事により代謝が上がるという説もあるので、私の場合は、後者を支持していて、以前から冷水を飲む習慣がありました。今回は、その朝の一杯の冷水をトラストウォーターに変えて飲んでいます。

水素水の効果は、それ自体が即効性があるわけではないので、飲み続ける必要があります。

一般的に言われるのは、抗酸化作用による効果ですが、水素水は、他のビタミン摂取などよりも、効果が期待できると言われています。具体的には、抗酸化作用により、血流が良くなったり、代謝がよくする働きがあるとされて、美容や健康によいとされています。

そして、私が実感する効果というと…

●汗が違う
日常生活で汗ばむ時の汗の質が変わったように思います。
ドロドロ汗からサラサラ汗になった感じです。
この事をお医者さんに伝えたら、「代謝が良くなるとはそういう事ですよ」と実際に言われました。

●朝のトイレの時間が短くなった(大の方)
朝のトイレに10分ぐらい要していた私ですが、スムーズになった事。
今では、残便感もなく、2〜3分で終わるので、すっきり感を実感しています。

●残尿感がなくなった(小の方)
これは、直接水素水の効果かどうかはわかりませんが、尿の排出もスムーズになったように思います。中高年あるあるなのかもしれませんが、おしっこしたくて、トイレで用を足すと思ったより量が出ないなんて事があるかと思います。今は、若い時のように、排尿のすっきり感を実感しています。

●体重が減った。
これも、全てが水素水の効果だとは思いませんが、十分な水分補給と、整腸効果が効果につながっているのだと思います。実際、急に運動量を増やしたわけではないのに、過去3ヶ月で5kgの減量に成功しています。更に驚く事は、内臓脂肪が多かったのですが、体脂肪が3%ほど減ってくれたのは嬉しいです。いつもなんらかの項目で再検査があった私には、次の健康診断が楽しみすら思うようになりました。

●肌の調子がよくなった。
具体的には、ストレスの影響か不規則な生活をしているからか、たまに、吹き出物など顔のあちこちに出るのが悩みだったのですが、いつのまにかそういう事もなくなりました。これは、整腸作用から良くなったのだと思います。

奥さんも良く言う事なのですが、腸の調子がよくなれば、自動的に肌の調子もよくなると言ってたので、こういう事なんだと実感しています。

目の若さとは、腸の健康状態は意外と密接な関係なんですね!

このような点が挙げられますがこれらは、あくまでも私の感想です。

詳しい情報を見る(公式サイト)


●パッケージはこんな感じです。
photo_trustwater1

●パッケージ裏の表示を確認。
photo_trustwater2

●溶存水素判定試薬で水素が入っているか確認。

photo_trustwater4

photo_trustwater3

判定試薬を1滴たらしてみると、水素が入っている場合は、すぐに透明になります。
左がたらしたすぐ後で、右がその数秒後です。

詳しい情報を見る(公式サイト)


タグ

2015年4月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:水素水

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像