辰巳琢郎さんのCMでおなじみの「水素水7.0ppm アキュエラ」を試してみました。

辰巳琢郎さんのテレビのコマーシャルで連日放映している、「水素水7.0ppm アキュエラ」を買ってみました。

水素水マニアの僕が最初にこのテレビコマーシャルを見た時に、「水素量が7.0ppm」というフレーズに驚愕しました。
なぜなら、今までの水素水商品は、飽和水素量である1.6ppmにいかに近づけるのかを競っていて、実際に飲む段階では、1ppm程度が普通だったのですが、その7倍の水素量をうたっているのだから、驚かずにいられません。

その秘密は、飲む前に水素水を容器内に作るという事と、その際に容器にかかる圧力に秘密があるようです。

早速、キットを購入して水素水を作ってみました。

 

photo_7ppm-suisosui01

 

Appleを思わせるオシャレなパッケージに入ってます。

一度買ったら最低でも、使い切る間の1ヵ月とか2ヵ月は、パッケージをとっておかなければならないので、パッケージがかっこいいとありがたいと思いました。

 

 

photo_7ppm-suisosui07

 

通常の飲料とかで使われているペットボトルより若干しっかりした作りのアキュエラ専用のボトルが2本セットに入っているので、そのボトルに、ウォーターサーバーの水を入れます。

 

photo_7ppm-suisosui08

 

水素発生するスティックをパッケージから取り出します。

紙状のもので、振るとカサカサ音がします。(水素が発生する粒子状のもの)

 

photo_7ppm-suisosui06

 

その紙状の筒をプラスティックの容器に入れて、スポイトで数滴お水を差します。

これが、どういう意味なのかがよくわかりませんが、とりあえずやってみます。

 

photo_7ppm-suisosui05

 

セットしたものを今度は、カプセルに入れます。

 

 

photo_7ppm-suisosui04

 

ペットボトルにフタをして、このまま放置します。

すると、10分ぐらいで、水素が発生している様子が見てとれます。

水素が発生し終わったら、ボトルを30秒ほどシェイクします。

 

photo_7ppm-suisosui02

 

完成です。つくったばかりでは、5.0ppmほどだそうですが、シェイクする前の状態で24時間待つと、7.0ppmの濃度まであがるそうです。

 

いろいろな水素水商品のある中で、これほどの濃度があるのは、この商品ぐらいだと思います。

ただ、作るのが少し面倒と思う事があるのが欠点になるのですが、濃度のためなら、これくらいと思わなきゃって思うようにしております。(笑)

 

 

詳しい情報を見る(公式サイト)


 

タグ

2015年9月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:水素水

水素水にハマってます。(二日酔いに効果あり)

ここのところ、水素水にはまってます。

きっかけは、タレントの郷ひろみさんが毎日飲んでいると前にテレビで言ってて、その時に、水素水の良さを力説していたのを見て、それ以来ずっと気になっていました。
いろいろ調べてみると、イチロー選手クルム伊達選手など一流のアスリートたちも体調管理のため飲んでいるみたいですし、これは、アンチエイジングに効果があるのでは、と思いその時からいろいろな水素水を10種類程試しています。

水素水は、体内の活性酸素を除去してくれる作用があるとかで、最近アンチエイジング商品の中でも人気がある商品の1つです。

活性酸素とは、激しい運動と紫外線が最大の原因と言われて、いわば、体内のサビにあたる物質ですが、特に悪玉活性酸素と呼ばれる物質は、老化やガン等の病気の原因になると言われています。

水素がなぜいいのかというと、水素を含んだ水を飲む事によって、体内の活性酸素を中和させて、追い出してしまおうというのが、水素水の考え方のようです。

かと言って、活性酸素は目に見えるものではないので、効果がわかりにくいのですが、毎日水素水を飲む事によって予防効果が期待できるそうで、自分も少し体調が良くなったと感じますし、何よりも一番感じたのは二日酔いにならないのです。これは多くの人が証言している事なのですが、実際は、なぜ二日酔いに効果があるのかは、解明されていないそうです。

水素水を選ぶ際は、水素の濃度がポイントとなるのですが、容器や生産から実際に飲む期間によっても事なるようですが、おおむねどの商品もそんなに違いはないです。

私なりの選ぶポイントとしては、

●アルミパックの場合、パッケージが水素が漏れにくい処理がされている事。

sarasva3

●アルミパックの商品には、300mlと500mlがあるので、金額で比べる時は、容量も確認した方がよい。パッケージの写真が見た目で300mlと500mlでは、変わらないので、安い高いだけで判断しがちです。

●味については、基本的には、きき水ができるレベルの方でしたら、
味を比べる事ができるかもしれませんが、私の場合は、味で比べる事はできませんでした。それに、水素自体は、味がしないので、味で比べるとしたら、その商品で使われている原水を比べるという事になります。その原水がとの相性がよいかという事だと思います。

●少量で購入できるお試しというのがありますが、すぐに効果を実感する商品ではないので、興味のある方は、まずは1ヶ月試してみる事をおすすめします。
※二日酔いについては、私の場合は、すぐに実感できましたが…

いろいろ試してみて、アルミパックでおすすめは、「水素水 SARASVA(サラスバ)」。

sarasva1

個人的に一番好きな水素水です。

【感想】よいと思ったところ。

●原水が美味しい。

●パッケージがおしゃれ。

●個人的には、ジムの時や会社に持っていくので、500mlの容量がちょうどよい。

●いろいろな口コミサイトで人気が上位である。

sarasva2

詳しい情報を見る(公式サイト)


●アルミパックもよいがスティックもおすすめ
アルミパックは、冷やして飲むだけでパッケージもおしゃれなので、自分はジムに行く時や会社に持っていく時に飲んでます。また、スティック状のものでペットボトルに入れて自分で作るタイプのものもありますが、私の場合は、自宅にいる時は、このスティック状のものを飲んでいます。

drsuisosui01
商品はスティック状のもので3本入ってます。

drsuisosui02
空のペットボトルに入れて使います。

drsuisosui03
冷蔵庫に入れて一晩寝かせます。すると次の日の分が出来上がります。

詳しい情報を見る(公式サイト)

今までは、喉が乾くとついソフトドリンク系やカフェインを含んだお茶などを飲んでいましたが、水素水を飲むようになってから、意識して水を飲むようになりましたし、その水が身体中を行き渡っている感覚もあり、心身ともにヘルシーな気分です。
お水によるデトックス効果というのも期待したいですね。

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像