辰巳琢郎さんのCMでおなじみの「水素水7.0ppm アキュエラ」を試してみました。

辰巳琢郎さんのテレビのコマーシャルで連日放映している、「水素水7.0ppm アキュエラ」を買ってみました。

水素水マニアの僕が最初にこのテレビコマーシャルを見た時に、「水素量が7.0ppm」というフレーズに驚愕しました。
なぜなら、今までの水素水商品は、飽和水素量である1.6ppmにいかに近づけるのかを競っていて、実際に飲む段階では、1ppm程度が普通だったのですが、その7倍の水素量をうたっているのだから、驚かずにいられません。

その秘密は、飲む前に水素水を容器内に作るという事と、その際に容器にかかる圧力に秘密があるようです。

早速、キットを購入して水素水を作ってみました。

 

photo_7ppm-suisosui01

 

Appleを思わせるオシャレなパッケージに入ってます。

一度買ったら最低でも、使い切る間の1ヵ月とか2ヵ月は、パッケージをとっておかなければならないので、パッケージがかっこいいとありがたいと思いました。

 

 

photo_7ppm-suisosui07

 

通常の飲料とかで使われているペットボトルより若干しっかりした作りのアキュエラ専用のボトルが2本セットに入っているので、そのボトルに、ウォーターサーバーの水を入れます。

 

photo_7ppm-suisosui08

 

水素発生するスティックをパッケージから取り出します。

紙状のもので、振るとカサカサ音がします。(水素が発生する粒子状のもの)

 

photo_7ppm-suisosui06

 

その紙状の筒をプラスティックの容器に入れて、スポイトで数滴お水を差します。

これが、どういう意味なのかがよくわかりませんが、とりあえずやってみます。

 

photo_7ppm-suisosui05

 

セットしたものを今度は、カプセルに入れます。

 

 

photo_7ppm-suisosui04

 

ペットボトルにフタをして、このまま放置します。

すると、10分ぐらいで、水素が発生している様子が見てとれます。

水素が発生し終わったら、ボトルを30秒ほどシェイクします。

 

photo_7ppm-suisosui02

 

完成です。つくったばかりでは、5.0ppmほどだそうですが、シェイクする前の状態で24時間待つと、7.0ppmの濃度まであがるそうです。

 

いろいろな水素水商品のある中で、これほどの濃度があるのは、この商品ぐらいだと思います。

ただ、作るのが少し面倒と思う事があるのが欠点になるのですが、濃度のためなら、これくらいと思わなきゃって思うようにしております。(笑)

 

 

詳しい情報を見る(公式サイト)


 

タグ

2015年9月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:水素水

このページの先頭へ

イメージ画像